« えせ記者徒然 | トップページ | 死刑。その1 »

2006年2月22日 (水)

煙草についてについて

三つ巴ブログの中のひとつ「霧の中の鈴」がたばこについて記事を書いております。
一度に大量の記事を書いてるので大雑把ではありますが私見。

煙草について(1)

あまり親しくない人や目上の人の前では基本的に煙草を吸わないからです。

これは僕も同じですね。というか、煙草を吸うときは相手が喫煙者であっても
「僕も吸っていいですか」
と尋ねてから吸ってます。
ただ、僕の場合、

喫煙は、アウトローな行為だと考えているからです。

ではありませんね。いや、微妙に同意するけど、いずれにせよ煙草を吸うにはマナーが必要だと思うから気を使う。

煙草について(2)

僕としては今の時代において煙草と宗教(宗教観)を結びつけるのはいかがなものか、とは思うけど、そこから導き出される結論、すなわち

「文化としての煙草」という認識は持って欲しいと思います。

という部分には大賛成。

煙草について(3)

しかし、喫煙者のモラルの低さが嫌煙家に根拠を与えていることも見過ごせません。
所かまわず煙草を吸う、吸殻をポイ捨てする、危険な歩き煙草をする、などという現実に対しては、喫煙者のぼくも憤慨するところであります。

これは僕も同感。煙草に限らず、どのようなことでも最低限のマナーを守れない奴は何かをする資格はない。
でもその前段にある

煙は分散しますから、やはり解決策は、「嫌いな人の近くで吸わないこと」ですね。

というのは逆のことも言えるわけです。
これは書きなぐソ陪審「喫煙者vs.禁煙者②」の末尾にもあるように

「お前が死ぬのは勝手だが周りに副流煙で迷惑をかけるな」と言われても「お前が嫌なら近寄らなきゃいい」としか言いよーがない。

です。つまり両論が成り立つのならば、その場その場で多い方の意思を尊重し、少数派にはガマンしてもらうか出て行ってもらうしかない。
もちろん喫煙者がマナーを守っている限りにおいては、という前提つきではありますが。

あと霧鈴は煙草と自慰行為を結びつけてるけど、女性が煙草を吸ってるのを見て興奮する男はかなりアブノーマルだと思うんで、ちょっとムリがあるんじゃないかな。
「ひとりで楽しむ」という点においては似た部分もあるけど。

煙草について(4)

ただ、両者(愛煙家、嫌煙家)のモラルの低さが、問題をさらに複雑にしていると考えます。

それは同意せざるを得ない。我が身を振り返っても、煙草を嫌う人を見ても、ですね。

まあ、結論を出そうとしてるわけではないんですが、
形だけでも結論付けないと終われないよぉ…

誰か助けて。

ということですが、既に1~4の中で結論は出てると思います。

もうちょっとゆっくりと話し合いましょうよと、喫煙者のぼくは言いたいです。

では?
僕としては、
・喫煙者は煙草を吸う時、「周囲に迷惑をかけているかもしれない」という意識をもっておく。
・嫌煙家は自分の意思ばかり主張するのではなく、我慢する部分は我慢する。

何事に関しても「節度」というのは大切なわけで、今のところ喫煙者が一方的に我慢を強いられる場面が増えている。だが、こちらとしても気をつかって喫茶店などであえて喫煙席に座っているのに、てめーも喫煙席に座っておきながら露骨にイヤな顔をするのはやめていただきたい。

んで、喫煙者は酒の席では煙草が増える習癖があるんだから、煙草がイヤなら一緒に酒の席に座らないでほしい。気持ちよく酒を飲んでるのに、煙草に火をつけた途端、「外で吸って」というのはあまりにも幼稚な態度ではないのか。

飛行機や仕事場などの密閉空間で隣の人が煙草を吸うと逃げられない。だから「分煙」「禁煙」を主張するのは構わないと思います。だけど、煙草が絶対に許せないなら「禁煙居酒屋」を自分たちで作ってその店にだけ行けばいい。

煙草を吸っても構わない空間、嫌煙家が逃げられる空間においては、嫌煙家が我慢すべきではないのかな。

喫煙者に対して「自制心がない」などとこき下ろす人もいるが、その言葉を吐いている時点で、我慢ができない奴だ、と思われていることをお忘れなく。

結局は書きなぐソ陪審にもあるように、

煙草に心を奪われている人達以上に嫌煙活動を通して煙草に心を奪われているというか。。。
あくまでも「心を捧げている」ではなくて「奪われてる」と書くのが良いかなと配慮してます。

です。「煙が好き」と「煙が嫌い」は表裏一体であって、「吸わせろ」というのと「吸うな」というのは同じレベルの話。そして喫煙者は「煙草を吸い続けるぞ同盟」なんてものはつくらない(というか、聞いたことない)わけで、むしろ煙草にこだわっているのは嫌煙家の方じゃないのかと思う。
自分の主義主張だけをごり押ししていては、どこまで行っても結論など出てこない。
ならば、双方が一定レベルで妥協しなければならない、ということであり、妥協するためには一方的に意見を押し付けるのではなく、その場その場で冷静に話し合うべきなのではないかと。

ちょっと駆け足ですが、以上、私見でした。
ちなみに僕が以前に書いた煙草に関する記事。
ヘビースモーカーの主張
たばこに思う

|

« えせ記者徒然 | トップページ | 死刑。その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49796/792819

この記事へのトラックバック一覧です: 煙草についてについて:

» 死刑制度② [書きなぐソ陪審]
さて私なりに死刑について今回いろいろ考えるわけですが、やはり死刑は必要だと思います。 まずその第1義に、もちろん「応報刑」として。これは「不当な理由 ―― 通り魔殺人など」で愛する人を失った人はどうすればいいのか?から始まります。 もしあなたが最愛の人を「....... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 11時44分

« えせ記者徒然 | トップページ | 死刑。その1 »