« 男と女は平等に扱うべし | トップページ | 三つ巴ブログ »

2006年2月18日 (土)

たばこに思う

喫煙者vs.禁煙車②に関する私見。

しかも「タバコを吸う人は、他の人の迷惑にならないように吸って下さい。 他の人に迷惑をかけなければ、タバコを吸うこと自体はかまいません。」とまで書いてるところに素直に好感が持てる。その後のくだりはなんとも責任回避のいい人論なわけだが。

いやいや、この人は
「迷惑をかけなければ吸っても構わない、という考え方は間違っている」
と書いているわけで…。

でもって、もりーが引用した一文と同ページにある文。

タバコを吸うのが自由だなんて、とんでもない話である。覚醒剤中毒患者が覚醒剤を摂取するのは自由か? コカイン中毒患者は、他人に迷惑をかけなければ自由にコカインを吸っても良いのか?
http://www.letre.co.jp/~iwaki/smokers/smoke09.html

この例えを使って「喫煙自体がいけないことだ」と表現しているわけです。たばこ製造業者を「死の商人」と批難した上で。

だけど、僕の基本的な考え方は
事後の責任を完璧に取れるのならば何をしても構わない
というものであり、従って覚醒剤もコカインも、他人に迷惑をかけず、どのような社会的制裁も覚悟した上で摂取するならそれで構わない、と思っております。
このサイト、全てに目を通したわけではないんだけど、ざっと読む限りでは「喫煙者」=「ニコチン中毒患者」とし、「やめられないだけ」「死の商人がやめられないように宣伝してるから」などとしております。

全面的に反対するわけではないけど、少し違うと思う。

前回の「ヘビースモーカーの主張」にも書きましたが、吸い始めるきっかけはこのサイトの人が書いておられる「まずいけど何か秘密があるんじゃないかと思って吸ってるうちに中毒になる」のではなく、単に「カッコいいんじゃないかなと思って吸ってるうちに習慣になった」とか「付き合いで吸ってみたところ、いつの間にか喫煙者になってた」という程度のもので、たばこ業者がどうとかいった問題ではない。

そもそも子どもの頃にたばこのCM見て「おぉ! かっちょいい!」と思う奴なんて存在するのか?
身近な大人が吸ってるのを見て、なんとなくカッコ良く感じるだけで、まぁ、テレビドラマなどの影響がまったくないと言えばウソになるけど、でもドラマで覚醒剤を注射してるのを見ても「カッコいい」とは思わないし、コカインも同じ。
「身近な人がやってるのを見る」
というのが最も大きな部分。

これも同じく前回に書いたけど、周囲にやってる人がいないことをやろうという発想は起きないと思う。

僕の周囲にはギターなどの楽器をやってる連中がたくさんいたので、自分も楽器を弾いてみたいと思うようになったわけで、そういう連中に出会うまでは「ギターが弾けるようになるには小さな頃から専門的に勉強しなきゃダメなんだろうな」と思って、やろうという気は起きなかったわけです。

たばこが依存症だろうがなんだろうが、周りに吸ってる人がいたから「吸ってみたい」という気になって吸い始めただけ。

そんなに大仰に「たばこを吸うのは業者の思う壺だ」とかいった類のもんじゃない。
やめられない理由は確かに「依存症」だからだと思うけど、やめる気がない人間に「お前は依存症だ、業者の被害者だ」と言われてもなぁ…です。

たまたま店で隣に座った人に「ワタシはたばこの煙が嫌いだから吸わないで」なんて道理が通るなら、
「ワタシは香水の臭いが嫌いだしその成分は体に悪いとされてるから香水を落としてきてくれ」
「ワタシは化粧の臭いが嫌いだし(以下同義で)化粧を落としてきてくれ」
「君の着ている服は化学繊維のホコリを撒いているから脱いでしまっててくれ」
「君の乗ってるクルマから出る排気ガスが私の体に悪いからそのクルマには乗らないでくれ」

・・・・てな具合に「嫌煙者」が「正当な非喫煙者」に便乗して主張するのを真似ると何でも通りますわな。

なかなか知恵がまわりますな。僕はここまで思いつかなかった。
でも、その通りだと思う。
好き嫌いを言う権利は誰にでもある。だけど、その「権利」を「認められてしかるべきもの」と思い込んでるきちがいが多くないですか。

僕は女性化粧品のにおいが嫌いです。好きな香りもあるけど、基本的に苦手。息が詰まる。
化粧品売り場なんて、窒息死寸前です。
時々、厚化粧の人がいますね。
吐き気がする。
若いおねーちゃんでも僕が嫌いな香りを漂わせてる人がいます。

だが!

だからといって「お前ら、化粧するな」とは言えない。たとえそれが苦手な香りでも。

さらに!

たばこの害ってのはすぐには表面に出てきません。だから、あくまでも「疫学的」に間接喫煙の害が指摘されているわけです。
疫学的な統計だからといって否定はしないけど、じゃたばこが原因だと思われる非喫煙者の年間死亡者数って何人ぐらいなんでしょうか。寡聞にして知らないんですが、車は1万人以上ですね。
僕の兄も車にはねられて死にました。
「疫学的な死」、つまり「おそらくそれが原因だと思われる死」ではなく、「直接的な死因」です。

おまけに排ガスってのは油煙なわけで、たばこのような「草が燃えて出る煙」とはわけが違う。
アトピー患者が増加しています。僕もかつては苦しみましたが、あれは排ガスが最大の原因だと言われています。

それなのに「車に乗るのはやめましょう」とは言わない。「車の中でたばこを吸わないで」とは言うけど、「世界から車をなくそう!」とは言わない。

嫌煙家がたばこだけでなく、世界中の体に悪いものを全て根絶しようと主張するなら筋は通っていますね。
でもターゲットはたばこだけ。
だから僕としては嫌煙家がごちゃごちゃ言うのを聞くと「屁理屈」としか思えないわけです。

よく嫌煙者が使う手法に「喫煙の意味」を問い詰める人がおりますが、んなもんはありゃしません。
「意味のあることをやる」「意味のないことをやる」を選んでやるかやらないかは全くもって個人の自由であり、それを(対外的にでも自分自身でも)良いか悪いかを判断するのは5才の子供でもない限り自分の責任。

まさしく。
喫煙の意味なんぞない。
そんなもん問われ始めたら、どんなことでも言えてしまうわけです。
「お前が生きてる意味を教えろ」
ですな。
音楽だって映画だって、意味があるのかと問われれば、何も答えられない。

僕は野球が嫌いです。どこが面白いのかさっぱり分からん。
そんなもんでテレビ番組の放送予定時間を繰り下げるなよ、と思うんだけど、面白い人には面白いんでしょう。
んでもって、見る人が多いから中継時間を延長するんでしょう。

たばこも一緒じゃないのかな。
吸ってる人が多い場所なら吸わない奴らがガマンしろ。

・・・ところでさぁ、賛否両論ないとつまんないんですけど。

|

« 男と女は平等に扱うべし | トップページ | 三つ巴ブログ »

コメント

いや賛否両論ないとつまんないと言われたって実際同じ意見なもんだからしょーがない(笑)。
かといって嫌煙者ブログやらにわざわざ挑発に行くのもマンドクサイし。
権利主張ばかりの○○○○にはあんまりかかわらないほーがいいですよ。(w
どっかの誰かが「そりは違う!」と言ってきたときに限って相手すんのが一番かと。

投稿: 呆兄 | 2006年2月18日 (土) 17時11分

いやいや、呆兄と霧鈴以外の人たちとやりあう気はありませぬ。
違うテーマ選べ、という意味であり。

投稿: 小兄 | 2006年2月20日 (月) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49796/746849

この記事へのトラックバック一覧です: たばこに思う:

« 男と女は平等に扱うべし | トップページ | 三つ巴ブログ »