« 刑法の解 | トップページ | 懲罰委員会 »

2006年3月22日 (水)

お詫び

前回のエントリーで
「死刑存廃論について、霧鈴(霧の中の鈴)は刑法論を基に死刑存廃を論じている」
などといった趣旨のことを書きました。かなり断定的に。
ですが、霧鈴は法哲学的な話は書いているものの、具体的な刑法に関しては議論の対象、基礎とはしていません。

死刑に限らず、刑罰というものに対する僕の基本的な考え方は
「法律という基盤は大切だが、刑罰とは社会的に少しでも多くの人が納得できるものでなければならない」
です。

でもって、霧鈴は

「日本に死刑制度があるのは、刑法に死刑が規定されているからだ。
 では、なぜ、刑法には死刑が規定されているのだろうか」
という論点で(これまでのところは)終始一貫して述べていますので、
「刑法に関する質問は論点がずれている」、というものになります。

とも書いてあるように「刑法そのもの」ではなく、「刑罰という概念の性質やあるべき姿」について書いています。
これ、すなわち僕が「このような議論の方がいいのではないだろうか」と漠然と思う死刑存廃論議の姿勢そのものなわけです。

つまりはわたくしめの先走り…というか、混乱というか、いずれにせよ霧鈴および読んでおられる方々には率直にお詫びします。

霧鈴は刑法論議なんぞしておりません。

既に霧鈴が抗議のエントリーを入れておりますが、この点に関しては今後ともいかなる批判も甘んじて受けさせていただきますです。

さて、言い訳をするつもりではないのですが、何ゆえこのような「暴論」を書いてしまったのか、説明しておきます。

どの段階だったか忘れましたが、いつの間にか話が法運用の方向に進みました。
それはそれで大切な話だと思います。
が、話がそればかりになってしまいました。
これがまず1つ目のポイント。

2つ目のポイントですが、
僕は頻繁に長文を書くので、今までも反応がなくても淡々と書き続けてきました。
反応がない中で書き続けてきたクセとでもいいましょうか。違う気もするが…。
メールをチェックしてみると、もりーの「書きなぐソ陪審」からトラックバック通知が来ている。
今日は面倒くさいから書かないでおこう、と思っていた日でも、なぜか書いてしまう。
そして想像以上にもりーからの反応が多く、いつからか2人でヒートアップしてしまっていた。

実はね、うんざりしちょるんです。
「結果が出てるのに、なんでこんな話を続けてんだ?」って感じ。

だから、「刑事罰メニュー選択制度」が出てきた時に、話をスライドさせようと思って、「民主主義否定論」みたいなことを書いてました。
途中まで書いて疲れたから寝て、翌日、書きなぐソ陪審を見てみたら、さらに刑法論がヒートアップしてた。
僕の性癖として反応せざるを得なかった。
でも、本音としては別の話にスライドさせたかったので「終わらせ方」を考えておりました。

そこで、
「罪と罰に関して、とりあえず別物として考え、罪の部分に関する話はやめて、罰の話に焦点を絞ろう」
という思いで、「この問題を解いてみろ」と提示しました。

その問いはもりーに対してだけ提示すればいいと思ってたんですが、一応「三つ巴ブログ」と位置づけているため、礼儀(?)として霧鈴にも問いを提示しました。
2人とも即答。

ここで僕は混乱してしまいました。
もりーがまともな答えを返せないのは過去のエントリーから分かっていた話。
でも初めから刑法議論などしていない霧鈴が微妙な答えを返してきた。
もりーは「オレは六法全書を手元に置いて書いてんだぜ」的な内容だったんですが、あの問いに対する解に六法は必要ない。
「何が論点になるか」がポイントだったんですが、霧鈴の解には微妙に正解が含まれている。結論が出てないから「解」にはなっていないんだけど、「解」を導くための「式」の一部が示されている。

うむ…。
ここで混乱が起きてしまったわけです。
「分かっているようなフリをして僕を挑発するもりー」
「(おそらく)直感的な部分で運用方法を理解しているような気配を漂わせる霧鈴」
これが重なってしまいました。
「死刑存廃論に六法なんざ必要ねーだろーが」
と思いつつ、刑法論議に早く終止符を打ちたい、面倒くさい、の一心で、
「お前ら2人とも!」
と書いてしまった。

という顛末です。霧鈴には誠に申し訳ない。

が、ひとつだけ言わせてくれい。

「勝手に自分の論壇に相手を引きずり込んでコッペパンにする!!!」
「自分のフィールドで相手を論破する!」
小兄さんの悪い癖!

お前もだろ!(w

|

« 刑法の解 | トップページ | 懲罰委員会 »

コメント

s hytt

投稿: diet-pills | 2006年4月28日 (金) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49796/1130599

この記事へのトラックバック一覧です: お詫び:

» 素面で謙虚で大人な霧鈴 [霧の中の鈴]
ぼくは昨日、「えせ記者徒然」の「刑法の解」に対して、 「酔っ払って書く」なるもの [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 00時50分

« 刑法の解 | トップページ | 懲罰委員会 »