« グループB観戦記 | トップページ | ちょんまげ・ブルー »

2006年6月11日 (日)

W杯、出場国の表記

このブログ名は「えせ記者徒然」です。ロクなことを書いてない上に、あくまでも
「個人的な日記だよん。職業とは関係ないよん」
という意味合いを込めて「えせ記者」としましたが、一応は本物のマスコミ人です。

・・・まぁ、やってる仕事は新聞のレイアウトや見出しを考えるという、一般的にイメージされる「記者」じゃないんだけど、それでも本物の記者であることは間違いありません。

さて、新聞の見出しの付け方には原則があります。

主見出しは10文字まで。

レイアウトによっては7文字とか8文字、時によっては6文字に限定されることもあります。
興味があれば、新聞を開いて見出しの文字数を数えてみてください。どの新聞も、大きな見出しはほとんどが8~10文字になっているはずです。

今回のワールドカップ2006年ドイツ大会。
これは困った…。
とりあえず、出場32カ国の国名を列挙してみます。

日本
韓国
ドイツ
イラン
ガーナ
チェコ
トーゴ
スイス
オランダ
メキシコ
アンゴラ
イタリア
アメリカ
ブラジル
フランス
スペイン
コスタリカ
ポーランド
エクアドル
パラグアイ
ポルトガル
クロアチア
ウクライナ
チュニジア
イングランド
スウェーデン
アルゼンチン
オーストラリア
サウジアラビア
コートジボワール
トリニダード・トバゴ
セルビア・モンテネグロ

どのような順番で並べたか、見ていただければ分かってもらえると思うんですが、「?」という人のために、もう一度。

【2文字国名】
日本、韓国

【3文字国名】
ドイツ、イラン、ガーナ、チェコ、トーゴ、スイス

【4文字国名】
オランダ、メキシコ、アンゴラ、イタリア、アメリカ、ブラジル、フランス、スペイン

【5文字国名】
コスタリカ、ポーランド、エクアドル、パラグアイ、ポルトガル、クロアチア、ウクライナ、チュニジア

【6文字国名】
イングランド、スウェーデン、アルゼンチン

【7文字国名】
オーストラリア、サウジアラビア

【8文字国名】
コートジボワール

【9文字国名】
トリニダード・トバゴ

【10文字国名】
セルビア・モンテネグロ

6文字までの国名は、まぁ許容範囲かな、と思うんです。あと、7文字のオーストラリア、サウジアラビアは、「豪州」「サウジ」と略せるので問題なし、と。
で、コートジボワールはどうするよ…
すっげーいい試合して、どでかい見出しが必要になった時、どうするんだよ…。ずーっと無敗だったら? 02年大会のセネガルみたいに旋風を巻き起こしたら?

「コートジボワール快勝」
「コートジボワール連勝」
「コートジボワール旋風」

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
連日、似たような見出しが躍る…
日本にとって馴染みが薄い国だけに、「豪州」「サウジ」みたいな具合に「コート」なんて略したら
「分からん!」
なんて苦情がきそうな気がする。
でも「ジボワール」はアリかな?
ま、初戦はアルゼンチンに負けたからいいけど、でもそのアルゼンチンも略せないし…
「アルゼ」だとパチスロ・メーカーだしなぁ。
「南米の強豪」だと
「ブラジルはどーすんだよ!」だし。

けど、それ以上に悩ましいのが、
「トリニダード・トバゴ」ですね。
英語表記を見ると
「Trinidad and Tobago」
トリニダード島とトバゴ島による国なので、「トバゴ」とは略せない。略したら、
「じゃ、トリニダード島生まれの選手はどうなるんだ?」
ですね。

んでもって、うちの会社のバカどもは僕が何度言っても
リニダード・バゴ」
とか、
「トリニダー
なんて平気で書いてくる。
ひどいのは

ドミニダーゴ・トーゴ

でした。
ドミニカ共和国とトーゴがごちゃ混ぜになってんじゃねーか。つか、そもそもドミニカなんて今回は出てないぞ、です。
そしてトーゴを「トルコ」って書いたり「トンガ」って書いたりしてくる
可愛い後輩たち。ぶん殴ってやりたいことも時々…

さらに厄介なのが、セルビア・モンテネグロ。
つい最近、モンテネグロが独立宣言しちゃったでしょ。
だから、「セルビア・モンテネグロ」としては、おそらく今回が最後のW杯になる見込みなんです。
独立宣言さえしていなければ、「セルビア」って略してもまぁ、知名度が高いし、分かるからいいかな、と思ってたんですが、独立しちゃったから、絶対に略せない。困った…

それを考えれば、トリニダード・トバゴなんて、まだ可愛いもんですよね。「トバゴ」でも十分に通用するし、日本人にとって馴染みが薄いだけにごまかしがきくかもしれない。
スウェーデン戦なんかでは
「トリニダード・トバゴ分け」
と、味も素っ気もない見出しよりは、
「トバゴ、猛攻耐えドロー」
の方がマシだと思う。

でも、セルビアとモンテネグロは本当に数日前に分割されたばかりだから、その報道も記憶に生々しいだけに、
「セルビア猛攻」
なんてやっちゃうと、
「モンテネグロと戦争始めたのか?」
とも受け止められかねない。
う~ん…考えすぎかな?

とりあえず、長い国名のチームは早く負けてください。

…と思うんですが、前回にも書いた通り、PS2のゲーム「2006 FIFA ワールドカップ ドイツ大会」ではトリニダード・トバゴが決勝戦まで勝ちあがってくるんです。

3回目をやってみました。今回、僕はポルトガル。
トリニダード・トバゴ、3回連続決勝戦進出。そして2回目の優勝。
イヤな予感が・・・

日本はともかく、他の出場国でオシャレっぽく、かつ短くて済む表記の仕方ってないですかね。

アンティグア・バーブーダとかセントビンセント・グレナディーンなんかが出てなくてよかった…。
どう略していいのか、見当もつかない。

 

|

« グループB観戦記 | トップページ | ちょんまげ・ブルー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49796/2165833

この記事へのトラックバック一覧です: W杯、出場国の表記:

« グループB観戦記 | トップページ | ちょんまげ・ブルー »