« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年7月14日 (金)

ジダンの頭突きと平和ボケ日本

ワールドカップ、終わりましたね。
肝心要の準決勝と決勝は仕事の都合で書いてる時間が取れませんでしたが、

優勝:イタリア
準優勝:フランス
3位:ドイツ
4位:ポルトガル

という、僕の当初の予想

優勝 オランダ
準優勝 イングランド
3位 ブラジル
4位 スペイン
http://showkei.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_b4ab.html

とはまったく違う結果になりました。
つーか、ハズレすぎじゃん・・・orz

ところで、決勝戦のイタリアvsフランス。
ジダンの頭突き問題がかまびすしいですね。

決勝戦の延長でマテラッツィに頭突きして一発退場。
ワールドカップのオフィシャル・サイト(http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/)の
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/photos/index.html?i=0&d=1
にも写真が載ってますが、僕が勤めている社をはじめ、どこの新聞社も

「ジダン頭突き問題」

として大きく扱ってます。
サッカー選手の行為、しかも海外の選手の話題がこれほどまで大きく扱われたことって、日本の新聞史上、初めてのことじゃないかな?
もはや社会問題と化しており、僕も非常に興味を抱いているんですが、

日本人には関係ねーじゃん

というのが率直な意見です。紙面化するのはいいけど、深刻な移民問題など存在しない日本で
「移民社会があーだ、こーだ」
と騒いだところで、何か教訓になることってあるんでしょうか?
(在日問題がある、といわれそうですが、その点に関しては後日、折を見て書きたいと思います)

でも、別の側面からは、日本にとって、極めて重要な問題をはらんでいる「事件」だとも思っています。

ジダンの会見を見てると、
「母と姉を侮辱された」
とのこと。
「最初は聞き流していたが、繰り返し聞かされたもんだから、男として体が反応した」
「自分の行為を悔いることは、相手が正しいと認めることになる」

などなど。

ジダンの頭突きシーンだけをピックアップすれば、これは確かに許されざる行為だと思います。
現にジダンにとって最後の試合だというのに、彼はレッドカードで一発退場という「制裁」を下されています。
僕も最初見たときは、
「ジダン最悪。最後の最後でワールドカップを汚した」
と思いました。
僕と同じような目で見ている人も数多く存在するでしょう。
ある新聞は
「いかなる理由があれども許されることではない」
といった、非常に感情的な論調の原稿を載せていました。

でもね、ジダンに侮辱的な発言をしたことはマテラッツィも認めてるわけだし、ジダン自身によると、
「自分の母と姉に関することで、非常に個人的なことだった」
と言い、
「『テロリストの娼婦の息子』と言われたのは本当か」
との問いに
「まぁ、そうだ」
と答えてたそうです

これ、どう思いますか?
「我慢すべきだった」
「ロッカールームでやればよかった」

などといった論調も見受けられますが、
僕はこれらの意見は
「平和ボケしてて、核家族化してて、愛国心を否定して、親でも平気で殺すような事件が多発してる日本」
を象徴するような論調だと思います。

自分の家族やら、親しい友人を侮辱されたら、しかも「口がすべった」程度ではなく、何度も繰り返し侮辱されたら、僕なら相手を刺しますね。

「暴力はいけない」
という風潮は世界中にあると思いますが、上に挙げた論調では、それがイコール
「言葉でなら相手をいくら侮辱しても構わない」
という構図になってるような気がします。

時には暴力に訴えてでも、自分の愛する人たちの名誉を守るべきシーンだってあるはずです。
その「名誉」というものをないがしろにして、アメリカの言いなりになり、北朝鮮がミサイルぶっ放しても
「アメリカさまが味方してくれる」
とか言ってる連中にとっては、ジダンの行為はいかなる理由があっても許されないでしょう。

「侮辱にも耐えなければならない」
という場面もあるかもしれませんが、僕はやはり、
「名誉を守るためには、侮辱には徹底的に対抗しなければならない」
と思っています。

北朝鮮のミサイル発射。
あれだけ「打つな、打つな」といい続けておきながらも、それを嘲笑するように発射した北朝鮮。
実害はなかったとはいえ、これは立派な挑発行為です。
制裁をめぐり、各国が外交交渉を繰り広げていますが、僕の個人的な意見としては、
「先制攻撃による報復行為」
が日本の名誉を守る最も良い手段だと思っています。

ジダンの頭突きから話がそれましたが・・・

現役最後の試合で一発退場という屈辱的な仕打ちを受けながらも、自らを育んだ家族の名誉を守ったジダンという選手は、プレースタイルだけでなく、人間としても尊敬に値する偉大なサッカー選手だったと思っている次第です。

逆に、ジダンを批判する連中は「名誉」という、人として最も大切な部分を失くした愚か者のように感じられて仕方ありません。
そういう奴らは家族や友人を侮辱されても、
「えへへ♪」
とかいって笑ってるんでしょうね。そんな、人間の信頼や尊厳を放棄した奴らにこそ、僕は
「社会から追放」
というレッドカードを出したい。
そんな虫けらどもとは絶対に関わりたくないな。

具体的にどのような言葉だったのかは、今はまだ分かっていません。内容によってはやはり
「ジダン最悪」
に戻るのかもしれないけど、少なくとも今の時点では、僕は絶対的にジダン支持。

サッカーの祭典の中で、人として最も大切なことを世界中に示した偉大な選手であり、人と、その人の家族の名誉を踏みにじるような発言は決して許すべきではない、ということを自らのサッカー人生最後の最後で世界中に知らしめた人物として、彼は単なる「サッカー選手」としてではなく、「世界で最も偉大な人物のひとり」として記憶されるにふさわしい人物ではないでしょうか。

これまで、あんまりジダンに興味なかったけど、あの頭突きの「真相」が徐々に判明するに従って、今さらですが、ジダンの大ファンになりました。

しかし…イングランドのルーニーがポルトガル選手のチンコ踏んで退場になった時、イギリスの新聞は、98年大会にベッカムがアルゼンチンのシメオネに対する報復レッドで退場になり、敗退したことを引き合いに出し、

「オーノー! またかよ!」

との見出しを掲げていたそうですが、ジダンのように
「あの時、ジダンに何が?」
ではなく(ルーニーのキャラクターによる部分が大きいんでしょうが)
「またかよ!」
とくるイギリスのマスコミにもあらためて惚れなおしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年7月 2日 (日)

タレント軍団

豊富なタレントがずらりと揃った今大会のイングランドとブラジル。
どちらも「史上最強メンバー」と言われ、優勝候補の最右翼に挙げられていました。

イングランドvsポルトガル

C・ロナウドが好きな僕としてはポルトガルを応援してたんですが、デコを欠いたポルトガルに勝機はあるのか・・・
と思ってたら、激戦でしたね。

イングランドの”悪童”ルーニーが誰かのチンコ踏んで一発レッド(チンコ踏んだから、というわけではなさそうだったけど)。
それでも数的優位を生かせないポルトガル。
攻めてはいたけど、点は取れない。
結局は延長でも決着つかず、PK戦で勝ちました。
ポルトガルのGKは凄いですね。全部読みが当たってた。

でも、前のオランダ戦ほどではないけど、本日のイングランド戦も荒れ模様だったので、ポルトガルは
「満身創痍」
って感じでした。

が!

ブラジルvsフランス

アンリの1点。
それはいいんだけど、ブラジルのボールが全然繋がらない。

最初にロナウジーニョとロナウドの2トップにしたのが大きな敗因ではないかと。
後半にアドリアーノが入って、ジーニョが下がってからはボールが繋がり始めてました。
でも、絶好機に決められない。
シュート数が絶対的に少ない。
いつものブラジルなら、ここでワンタッチでパス出してるのに、なぜか溜めてしまって、その間にフランス選手が戻ってきて、ボールを奪われる、というパターンが多かった気がします。

それでも、腐ってもブラジル。なんとか同点に持ち込んで延長戦で勝つだろう、と思ってたら、ロナウドは外すわ、ジーニョは外すわ、ロビーニョは外すわ・・・
ただでさえ少なかったシュートのうち、枠に飛んだシュートってもしかしてゼロ? と思うほど外しまくってました。

開始前は
「余裕でブラジル勝利」
と思ってたけど、後半序盤で
「まさかとは思うけど、負けるかも・・・」
に変わって、あと15分ほど、ってところで、
「負けた」
と確信してしまいました。

イングランドは、ワールドカップ開幕前から、
「タレントが揃ってても、連係が取れなかったら勝てないよ」
と思ってて、1次リーグでも苦戦の連続だったから、PK戦とはいえ、このあたりで敗退するのは当然かな、と予想してたんですが、まさかブラジルが負けるとは…

いやはや、決勝戦は
ドイツvsブラジル
を予想してただけに、かなりの衝撃を受けました。
やはり、パルムドールを取った選手のいる国は優勝できない、というジンクスは健在だったようです。

これで4強は
ドイツ
イタリア
ポルトガル
フランス

で、カードは

ドイツvsイタリア
ポルトガルvsフランス

決勝戦はドイツvsフランスかな?
前回と今回のジダンを見てると、もしかすると、
「ジダン有終の美」
ってなことになりそうな…
でも、会社の同僚によると、四柱推命ではポルトガルが優勝するそうです
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

僕の嫌いなカテナチオ

いよいよ準々決勝
ドイツvsアルゼンチン

これは見てて面白かった。
前半は圧倒的にアルゼンチン優勢。

ドイツ、ダメダメじゃん・・・

と思ってたら、後半はまるで別チームのような激しさ。
ミラスロフ・クローゼ同点弾。
その後も死闘が続き、結局PK戦でドイツ勝利。
いやはや、見ごたえ十分。

試合後、アルゼンチン選手がドイツ選手と小競り合いしてましたが、あれはなんだったんでしょう?
「お前ら、意図的にキーパー怪我させただろ!」
みたいな感じかな?

ということで、ドイツ準決勝進出。
対する相手は
イタリアvsウクライナ
の勝者と。

前半開始早々にイタリア先制。
その後の布陣を見てると、イタリアは8-0ー1、ウクライナは2-5-3みたいな印象。
守備、守備、守備のイタリアと、カウンター狙いオンリーのウクライナ。
「ピッチを広く使って」
って感じじゃなくて、
「ピッチの半分だけ使って」
試合してました。

ウクライナ、応援してたんだけどなぁ。
確かに、イタリアは試合巧者だわ。
ちょっとしたスキに一気に攻めあがって、結局3-0で完勝。
ウクライナはパスがほとんど通らず、我らがシェフチェンコは動けずじまい。
負けてもいいから、1点ぐらい取ってほしかったのに・・・

イタリア伝統のカテナチオに完全に阻まれた格好でした。
そりゃ、確かに3点取ったよ。
でも、ほとんど自陣に引きこもって、たまに抜け出してゴール突き刺す、ってのは・・・
やっぱね、「面白いサッカー」ってのは、3-4ぐらいの点の取り合いだと思うんです。
いかがでしょうか?
堅守もいいけど、せめて1点ぐらい取らせてやれよ、見てる方は、ドイツvsアルゼンチンみたいな、ハラハラドキドキのせめぎあいを期待してるんだからさぁ。

前々から思ってたんだけど、イタリアのサッカーってつまんなくないですか?
1点取ったら
「さぁ、引きこもろう」
で、相手にサッカーさせない。
ウクライナも惜しいシーンは何度もあったんですけどね。
カテナチオに阻まれた。
イタリア嫌い。ブッフォンは好きだけど。

つーことで、準決勝は
ドイツvsイタリア
が決定。
第二次大戦の枢軸国同士の対決。

残るカードは
イングランドvsポルトガル
ブラジルvsフランス

イングランドとフランスが勝ったら、連合国同士の対決。
さらにイングランドとドイツが決勝戦で激突すれば、第二次大戦の再現、ってことになるのかな?
日独伊三国同盟を考えると、
ドイツ勝て! イングランドを粉砕してくれ!
って思ってしまう。

でも勝つのはポルトガルとブラジル。
連合軍は準々決勝で敗北、ということで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »