« 飲酒運転 その1 | トップページ | 必修授業の未履修 »

2006年10月 6日 (金)

北朝鮮

安倍政権が発足してから数日。
いろいろ言われておりますが、何もしてないうちに批判するのはいかがなものかと。

さて、北朝鮮が数日前に核実験実施の声明を出しました。
首相は…詳細な文言は忘れたけど、断固とした措置をとると表明しております。
でも、その前に、拉致被害者を全員返せ、と。
その上で核実験はやめろ、と。
さもないと、(国連安保理を通して)制裁措置をとる、みたいな感じ。

まぁ、「軍隊」を持たない国家ができることは、そんな具合に「口先だけの脅し」をかけるのが限界でしょう。
一方の大・中華帝国さまさまは
「核実験を行えば重大な結果を招くことになる」
と北朝鮮に通告したそうです。
某紙の記事によると、国際外交における「重大な結果」とは武力行使を意味するそうで。

そこでふと考えました。
北朝鮮は、要するにアメリカさまとお話をしたいから、
「こっち向いてくれないんなら、核実験するじょ」
と言ってみただけなのに、アメリカさまはもちろんのこと、中国さままでお怒りになられてしまった。ま、クソ日本も怒ってるけど、あいつらは何もできないからいいや。
ここまでが現状で、じゃ、これからどうなるのか、ってのが問題ですよね。

本当に核実験を実施した場合、中国は何をするつもりなんだろう?
チベットやウイグルにやったのと同じように、北朝鮮も武力制圧して自国の領土にしてしまうつもりかな?
だけど、それと時を同じくしてアメリカも、おそらく武力行使を辞さない構えを見せると思うんです。
国連安保理では非難決議が採択され、米軍を含む国連軍が結成されて、北朝鮮に乗り込んでいく。
ま、国連軍はともかくとして、中国とアメリカですね。
北朝鮮を舞台に、両国がにらみ合う事態に発展するのかな?

北朝鮮がさらに南北に分かれて、「南北朝鮮民国」と「北北朝鮮人民共和国」になる、とか。

いやいや、そんなことはどうでもいいわけで。
単に、日本に近い場所でそういう状況が生まれかねない、ってーだけの話だから。
一番大切なのは、その時、日本はどうするのか、ですよね。

最近、オペレーション・ローズダストという本を読みました。
古い体制に覆われた日本がテロの脅威にさらされるとどうなるのか、って内容で、面白かったけど、フィクションはフィクション。現実の方がはるかに驚異的なことが多いわけで、なんとなくね、この数年間に…そうです。安倍さんが首相の間に、日本という国が大きく変わるかもしれない気がするんです。

安倍首相をどう評価するかは、とりあえず退陣してからにしましょう。
いま、北東アジアの行く末は、予測不可能なほどの急展開を見せているわけで、歴史の大転換点で一国の首相となった安倍さんの言動を、ゆっくり、じっくり吟味したいと思う今日この頃。

もうね、戦争しようよ。中国と。
北朝鮮とやったら、あっという間に「日本軍勝利」で終わるから、それをさっさと済ませて、北が崩壊したら難民がどわっと押し寄せてくるから、
「南北統一、どぞ」
とか言って韓国にべらぼうな経済負担を背負わせて、あとは日米同盟で対中国戦争にまっしぐら。

中国の解体が終わったら、上海あたりを日本の領土にして、あのあたりを中心に東アジアで巨大貿易圏を作るわけさ。EUに対抗して、AU。
あとの地域はチベットとウイグルは基本的に独立国として扱うけど、しばらくは国連統治下においておいて、ほかは各省ごとに政府作らせて、大陸に小ぢんまりした国家をいっぱい作っておくの。
「魏」「呉」「蜀」みたいな具合に。

少なくとも、いまの中国共産党はぶっ潰さなければならない。
日本の首相が靖国に参拝して何が悪いんだ?
日本のために散っていった人たちに畏敬の念を表するのは、日本人として当たり前のことじゃん。
行かない方がおかしいって。

話があちこちに飛びまくってますが、とりあえず憲法9条は変えましょう。
消費税上げてもいいから、「軍隊」を持ってるまともな国家として、自立しましょうよ。そろそろ。
「対抗措置」とか「経済制裁」とかってのは、
「いうこと聞かないとぶん殴るぞ、てめー」
って言えるだけの力量を備えた時に初めて言えることで、「専守防衛」とか言ってるうちは、しょせん、「口先だけの脅し」にしかならない。
だから、北朝鮮がつけあがるわけで、もし日本から憲法9条がなくなって、「日本軍」が設立されたら、あいつらは何も言わなくなるから。

Op.ローズダスト(上) Book Op.ローズダスト(上)

著者:福井 晴敏
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Op.ローズダスト(下) Book Op.ローズダスト(下)

著者:福井 晴敏
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 飲酒運転 その1 | トップページ | 必修授業の未履修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49796/3705443

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮:

» 160兆円はどこに消えた!? [The Highest Skyway 【ibstokyo.com 編集長コラムブログ】]
航空専門オンラインメディア ibstokyo.com 一瞬にして眠気が吹っ飛んだ。 今朝の日経朝刊の左肩記事で、北海道について「道内の経済界で『公共事業を増やせ』の大合唱が起きている」とのくだりが目に入ったからだ。 読みすすめると地方はどこもそうだという感じ。 今、「格差」「地方斬り捨て」と叫ぶ連中は、5年前には「公共投資で景気対策を」「不良債権処理は先送りを」と叫んでいたのと同じ面子だ。 この時点で彼らと彼らに踊らされる小市民の愚かさがわかるわけだが、量的緩和でジャブジャブな... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 13時26分

« 飲酒運転 その1 | トップページ | 必修授業の未履修 »