« 日本の核武装 | トップページ

2006年12月31日 (日)

大晦日

世の中に蠢く一般のみなさま。
あと数時間で2007年になります。
年末年始はいかがお過ごしでしょうか。
どーせ7連休とか10連休とか大型連休があって、実家に帰って、やれ
「お年玉がどーだ」
とか
「年賀状があーだ」
とかいいながら小さな幸せを噛みしめてるんでしょう。
今年の紅白歌合戦はどっちが勝つか、なんてこと言いながら、1年後の今日には
「そーいえば去年はどっちが勝ったんだっけ?」
とか言ってるんでしょう。

僕ですか?
いま仕事中です。
ええ。この記事は31日の午前3時に書いて、アップする時間を指定してますから、みなさんがこれを読むのは僕が仕事してる最中です。

「新聞社って大晦日の夜中まで仕事なんだ~」

なんて言ってる人もいるんでしょ。どーせ。

でもね、1月1日に配られる新聞って、誰が作ってると思ってるんですか。
我々が年越しそばも食わずに、紅白歌合戦でどっちが勝つかなんて、「娯楽」としてじゃなくて、「ニュース」としてしか見てないような状態で作ってるんですよ。
あなた方は正月紙面なんて、ぱらぱらめくって、三が日のテレビ欄だけ抜き取って、半日もしないうちに
「古新聞」
扱いするんでしょうけどね。

そもそもね、「古新聞」って表現、どうなのよ、ですよね。
「それって、古いの? 新しいの?」
みたいな。

考えてみてくださいよ。
新聞作るのって、年賀状のデザイン考えるよりはるかに難しいんですよ。
「あーでもない、こーでもない…」
って頭ひねって、デザインと言葉をひねり出してるわけですよ。
そうやって自分が苦心して作り上げた労作の紙面が、ある日、八百屋とかで大根に巻かれたりしてるわけです。

インターネットで例えれば、
http://www.higuchi.com/404/
の愚痴がなんとなく理解できてしまうんですよ。
「他人事じゃねーな」
なんてね。
まぁ、僕は機械じゃないけど…

そういうことで、来年もよろしくお願いします。
年末という貴重な時間を使ってここを見にきてくれた、ある意味、不幸な人生を送っている人たち、来年はいい年になるといいですね。
幸せな連中は、たまには悲惨な一年を送ってみるのも一興かもしれません。

僕だけ幸せになれればいいのに…

|

« 日本の核武装 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49796/4737519

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日:

« 日本の核武装 | トップページ